屋久島ヨカニセの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月議会から

<<   作成日時 : 2018/01/15 14:17   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ここのところ南国屋久島も大変な冷え込みである。
我が町から見た屋久島の雪化粧した山々である。
画像

                   1月13日撮影 

9月の議会議員選挙で新しく選ばれた16人の議員の初めての本会議(12月定例議会)が有り、一般質問には11人が名乗りをあげた。 新人4人、元職3人 現職4人
私も新人の1回目から質問に立ったが、この人達のように落ち着いて堂々とした質問はできなかった記憶がある。
今後が楽しみである。

さて12月議会では、「屋久島の未来を考える会」から5件の陳情書が提出された。
中でも私の一般質問と偶然にも内容が一致した件があったのでそのことについて記述したいと思います。

(入札時の予定価格公表に係わる規定制定の陳情書)
 
 *入札予定価格について基本を非公表とする。
 *予定価格を公表とする場合には下記を行うこととする
  1、公表する場合の明確な規定制定、理由書の開示
  2、高値入札の無効、失格の規定制定
  3、最低入札制限価格の設定

現在わが町の公共工事については、町長の一存で予定価格の公表が決定されており、全て公表されている。
そのためか、どうかは明言を避けるが、全て予定価格の98%前後で落札されており、到底正しい指名競争入札が行われているとは思えない。
私の調査では、鹿児島県では2500万円以上の工事については、予定価格の公表はしていない。
公表しないことが、真の競争入札が行われ、町の財政的な負担軽減になるのではないかと考える次第である。
この陳情書は、私の所属する常任委員会に付託され、陳情の願意は妥当と云うことで採択された。

本会議の最終日にこの陳情に関する審議がなされ、新人の女性議員が反対討論をした。
曰く
「20数年前奄美のある自冶体で、予定価格を業者に漏らした職員が懲戒解雇になり、業者も指名をはずされた事例が発生している。そのことがあって以来、その自冶体では予定価格を公表するようになっている。
この事例からも予定価格の公表は必要である。」と発言をした。
公務員に守秘義務のあることを知らないはずは無いと思うが承知の上の発言であれば、倫理観の欠如である。いずれにしても、この陳情は賛成多数で採択されましたし、私の同様の一般質問にも、町長は見直しを検討すると発言している。
やはり指名競争入札であれば、予定価格は公表せずに入札執行をするのが住民としての私の考えであり、陳情には賛成である。
この採決の結果は、「議会便り」に掲載されるものと考えますが、読者の皆さんの感想は如何ですか?
お聞かせください。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月議会から 屋久島ヨカニセの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる