定例議会 傍聴の勧め!

新生屋久島町になってから一回目にあたる、12月定例議会が13日(木)より始まる。
今回は新町の特別職の人事案件(副町長、教育長、識見監査役)の提出などが予想される。どんな人物が選ばれるのか、これからの四年間を占う意味でも興味深い。
14日(金)の二日目からは一般質問が行われる。
9名の議員が質問書を提出している。
3~4興味をひく質問内容があるので紹介します。
*随意契約の実態について
土木、建築、電気、水道事業において、一般競争入札でなく随意契約をしている部分があるが、実態を示せ<*原 漁港の整備について
仮設道路コンクリート塊の撤去について
(工事完了後10年もの間、仮設道路が放置されている状態であり、最近不法投棄で訴えようとする住民の動きも在ることから、1、未処理による工事代金の返還の有無、2、どう処理するのか?の二点を質すものと思われる。)
*原 集落の農業集落排水事業について;住民負担の平等<性から、原 集落の使用料はどのように是正するのか?
(一般住民の合併処理層の費用負担に比較して、農業集落排水事業の為費用負担が少なく、一般財源より毎年繰り入れていることへの善処を質すものと思われる) 
*財産管理について
大空高校(中央出版)への町有地の売却は、地形などによる単価設定を行ったが、今後公有財産取得の際の単価設定の方向性は?

(当初8000万で売却予定の町有地を6000万にするために、山林だから、崖地だから、と理由をつけて単価設定した節があることから、その根拠を質すものと思われる。)
*町長の政治姿勢について
大空高校への町有地払い下げに関する疑問と町民の財産を守る町長の認識について

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やっさん(web屋久島高平窯)
2007年12月05日 08:39
7日から12日まで実家に行く。13日の定例議会の傍聴に間に合う。
一般質問日を日曜日に開催されることを、以前旧屋久町に提案したが、なしのつぶてであった。これを議員さんが提案してくれないだろうか。
提案を無視する行政の態度に義憤を感じる。でもまだ提案箱は存在する。
行政相談経由の提案はどうなったのであろうか。
昔助役といっていたが、副町長とどこが違うのだろうか。
助役のイメージは行政事務のエクスパートがのイメージであった。
副町長となると町長の副であるから、職務が重複するようである。

この記事へのトラックバック