一般質問からー(続報)

光回線の工事が終わり、使えるようになった。少し早さを感じる程度である。

昨日の続報をお届けいたします。
③町の幹部職員(前副町長)出張旅費不正精算について管理責任者としての道義的責任をどう考えるか?
「町長、旅費の精算書をご自分で記入されますか?」「裁判に関係することですから、お応えできません」
「じゃー私が説明いたします、航空運賃、日当、交通費、宿泊代とそれぞれ書き込む欄があり、ホテルパックで購入した、航空運賃でありながら、さらに宿泊代金を請求しているという、実に卑しい不正請求をしていながら、(事務方のミス)で誤魔化そうとする、副町長の行為に対する管理責任をどのように考えますか?」「実に申し訳なく思っています。」
全てこの調子であり、暖簾に腕押しである。最後に面白いやり取りをご紹介いたします。
2、町長の出張についての項目で次のことを聞いてみた。
「岩崎産業の社長が、入島自粛はわが社の業務妨害である、屋久島町長を訴えるという報道があったが訴えられていますか?もし事実であれば島民の安全の為にしたことですから、議会としても助勢しなければと思っています」
「いいえ、訴えられてはいません」
「訴えられていないことに関して、住民の間で流れている噂をご存じですか?」破顔一笑の後「知っています」
この回答には私もつい誘われて笑いがこみあげてきてしまった。
「町長は住民の安全を考えて一生懸命に仕事をしているという、アピールのお芝居だと言っているんです」という私に終始にこやかな笑みを浮かべていた。芝居だったことを認めているのである。

これだけの大罪を犯しながら、反省をするどころか、自分のしたことは、条例を知らなかったことで、故意では無い、従って刑事事件にはならないと決め込んでいる。嘘も反復していると、自分でもそれが真実であると思い込んでしまうことがあるのではないかと心配である。
この人物はその傾向になる確率が高そうである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

きばいやんせ
2020年06月19日 00:17
『嘘は100回つくと真実となる。』
ただし、
『自分の中だけである』
本当ですからとか、信じてください!などと必死に語る方の多くは嘘のつき過ぎによる。病的な症状を示します。

それゆえに、自分の中と外の世界との整合性のとれなさに自壊してゆくプロセス。

酷くなると病院か刑務所に入る事になるもの。
こんな人は、最後まで全ては人のせいにする理屈作りに時間を費やします。
それがプラス思考の使い道です。
自分が悪かったと芯から思えるならば、とっくに辞職して責任をとるでしょうからね。

ヨカニセさん、議会復帰有り難うございます。

出来るだけたくさんの町長サイド語録を引き出してください。
出した言葉は引っ込められませんから。

実像を浮き彫りにする事は何も、喧嘩でも事を荒立てる事でもありません。

実像を評価するのは有権者です。
浮き彫りにする事、見えるようにする事って、『光を当てているだけ』ですから、何も悪いことではありません。

ただ、悪があるのだとすれば、照らされる側が『都合が悪いだけ』の事。
構いません。公人ですもの。。
それが嫌なら公人を去るべきです。
公私混同が適切に認識されてゆく時代となりますように。。

私は ヨカニセどんを支持しています。


屋久島住民2
2020年06月19日 03:14
【岩崎産業】が云々の後半の意味がわからなくて、二~三回読み返しました。
要するに、
コロナ対策でさえも、岩崎大根役者のご協力をいただいて自分の仕事やってる感アピールに利用した。ってことなんですね。
まあ、そもそも一般質問で突然シルバー割の質問を受けて「ありません」「個人情報につき申し上げられない」って答弁するのがおかしいでしょ⁉️
「返還義務がある町条例知りませんでした。悪気があったのではありません」と弁護士から入れ知恵されたのかもしれないけど
それならば一般質問された時の最初から、堂々としていれば良かったのに。
「80回以上使ってますけど、戻さなきゃいけないのを知らなかったです」この正直答弁だけで終わっていたのに⁉️
ヨカニセ
2020年06月19日 06:41
きばいやんせさんへ
<議会復帰有難う、、、、、>のお言葉心から有難うございます。
期待のしすぎです、身に余る光栄です。
おっしゃる通り、この御仁は公人としての自覚が全くありません。
自分の顧問弁護士は騙せても、司法はそうはいかないと思います。
面白いことがあります。
元山岳部保全協議会の職員から、今後、返済金の支払いを停止しますの書面が届き、そのことに関して、議案63号で「訴えの提起」として出てきています。
元職員が支払いを停止すると言ってきた理由は何ですか?と問いかけても
個人情報でお知らせできません、として一蹴する様は、きばいやんせさんが言うように、公私の混同も甚だしい限りです。
元職員が支払いの停止をする理由は、協議会の会長として、自分も横領をしていながら、責任を取らないからというのが彼の主張でもあります。
その理由書を提示できないのであれば、じゃー議会は何を根拠に審議するんですか?
この問題については、真邊議員がご自分のページで報告していると思います。ご覧ください。
この人の辞典には「恥」「尊厳」という言葉は削除されているようです。
辞典もってないかもしれません。
ヨカニセ
2020年06月19日 06:54
屋久島住民2さんへ
解読の通りです、はじめから二人で作った芝居ですから、世間の読みをある程度予測していたのでしょう。
旅費条例を真実知らなかった(あり得ません)のであったとしても、繰り返し着服をする時点で、本当に彼が、住民の福祉の向上とか町の発展を考えているのであれば、血税を無駄使いしてはいけないと途中で気付かなければなりません。
明らかに故意犯です。司法の判断が楽しみです。