6月定例議会が終わる

本日24日(水)6月定例議会が終わった。
追加議案として、コロナ対策として観光協会へ500万の補助金の支出があることに関連して、現在支給されている観光関連業者への持続給付金支給対象者に支給漏れはないか? ( 例えば、クリーニング店、バスガイド、)
支給基準があることから、全ての要求に応えるわけにはいかないが、尤もな一面もあるので、内部で協議をします。の回答を得ました。
我々議会も、追跡して要求してまいりますが、そこそこ期待して置いたほうが実現しなかったときガッカリしなくて済みます。

現在SNSの世界でも話題になり取り上げられているようであるが、山岳部保全協力金の横領に関する問題である。
この議会に議案63号として「訴えの提起」として上程されている。
元職員は現在まで1700万円程を返済して、残りは分割払いということで、町と和解していたが、町長のシルバー割引の不正流用に端を発した一連の不祥事の責任を取っていないことを挙げ、支払いの停止を申し出たものである。
しかも私を懲戒解雇にした張本人ではないか? というのが彼の言い分である。
町長は、議会での真邊議員の質問に「彼は故意であるが私は故意では無い」と言い放つ始末で、この期に及んでも条例を知らなかったのだからの言い訳である。この鉄面皮ぶりは司法の世界では通用しないばかりか、恥をかくばかりである。
刑事事件としては、この元職員は150万円の横領で、懲役2年、執行猶予4年の判決が出ている。
横領金額3300万円をどのように立証するのか、このことも大きな課題である。
当初は罪の意識もあり、3300万円を本人も認めているが、このように拗れてくると、確かな証拠を示さない限り支払いの和解は困難だと思われる。
一番手っとりやすい結論は現町長が辞職すれば解決する問題ではないだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

屋久島住民2
2020年06月26日 16:39
誰も触りたがらない話題
一見、泥棒を擁護するようにみえるこの和解案白紙撤回のトピック。
管理者としての(町の)責任を棚に上げ、この事件が起こった原因の本質をぼかし、元職員だけに罪を擦り付けて巻く引きを急ぐ執行部のやり方に待ったがかかったと言うことだろう。
管理者の責任をしっかり見つめ、無人募金箱から集金をする時のリスク管理のシステム上の欠陥を改善しない限り、(ほとぼりが冷めた頃、又)同じ過ちを繰り返すであろう。集金したお金をALSOK金庫に保管するのは何の改善にもなっていない。着服事件は集金~金庫までの間に起きている。
ヨカニセ
2020年06月26日 17:48
屋久島住民2さんへ
この問題の本質的なところをズバリ御指摘いただきありがとうございます。おっしゃるように、元職員一人だけの罪ではありません。ここまで大きな金額の横領を許した背景をぼかしてはいけません。このような事件が二度と起きないように、しっかり再発防止策を講じることができるよう、活動していきます。いつも、ありがとうございます。
かなり前にUターン組
2020年07月14日 22:29
一連の荒木町長をめぐる不祥事に「こんな言い訳、島外では通ぜんぞ」と思いつつ、一方であまりに口汚い移住者と思われる人々の言動にも辟易していたところです。

しかし今回、鹿児島県知事選挙で三反園候補の応援に、荒木町長が演説している光景をテレビニュースで見て驚きました。

荒木町長は町長としての給与も返上し、謹慎中の身では無いのですか?
ただひたすら町政に没頭することで汚名を返上したいと訴えたばかりでは無いのでしょうか。

荒木さんの頭が悪いのは若い時から知っていましたが、取り巻きも酷すぎますね。
ほとんど屋久島を出ないで町職員として禄をはみ、それでも退職後は町政に口を挟みたいという輩ばかりですもの。高校時代から口先ばかりの人間が多かったと思います。

給与返上という恥ずかしい身の上でありながら人の選挙応援にしゃしゃり出て、挙句にその候補は落選!!

移住者でなくとも屋久島のこれからに暗澹とします。
ヨカニセ
2020年07月15日 21:35
かなり前にUターン組さんへ
おっしゃる通り、この人の頭の悪さは常識の無さに表れています。
町のトップにしている島民の不幸です。
本当の気持ちは、伊東候補を応援していたと思います。候補が来島の折、港まで
最高顧問と二人で送りに来ていました。
弁護士の指導か?しれませんが、本人は司法の手から逃れたと豪語しているようです、そうは問屋が卸さないといったところでしょう。
いずれにしても、議会議員をはじめ取り巻きがこの悪行を容認していることの常識の無さにあきれています。