議員定数の削減は見送り

12月定例議会最終日、議員定数の削減の陳情に対する、総務常任委員会(委員長 岩山鶴見 議員)の審査結果が発表された。先の9月議会で、議員定数調査特別委員会の結論が、現状の16名のままに決定したことに対する「削減すべきである」という住民からの陳情である。 結論は削減の必要なし!!であった。 現状の16名を堅持するというものであった。理由…
コメント:8

続きを読むread more