テーマ:庁舎建設

遅れる完成  (その2)

工事の中断について、現場の事務所に、真鍋真紀議員の提案で話を聞きに行った。 アルセットの責任者が来島しているとのことで、よい機会であった。 「工事が中断したという結果には、原因があると思う。①構造設計のミス②材質が悪い③施工業者の技術の問題の3つが考えられるがどれに当たりますか?」 設計事務所の回答 「初めに、工事が中断した…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

遅れる完成

ある住民から、新庁舎の工事は一時ストップしているようだが何か原因があるのですか?の問い合わせがあった。  調査をしてみました。 事務棟の工事で瓦を乗せる段階で、瓦の重さに耐えらる構造でないため、一旦、瓦を降ろして工事を中断したとのことであった。  建築の専門官でないので全くと言ってよいほど知識はないが、設計、施工管理までを管理して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第2回受任者集会

8月21日までが署名活動の期間であったので、22日、安房総合センターの2階会議室に集合して結果を集計した。 いまだ回収されていない、約20冊を除いて集計の結果、2483名の署名が集まっていた。 有権者の四分に一になる2700名の署名があれば、住民投票条例のある自冶体であれば、自動的に住民投票になるそうだが、わが町には条例が無いので、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陳情は不採択でした

「屋久島の未来を考える会」が提出していた「新庁舎建設計画の見直しについて」の陳情書を、総務文教常任委員会で6月20日審査いたしました。 結果は不採択でした。 委員会は8人から構成されており、採択に賛成したのは、渡邊博之議員、小脇清保議員の二人でした。 陳情の主旨は 1、20億円もかかる新庁舎建設を一時中止し、見直してください。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more