テーマ:入山規制

屋久島自然史研究会への回答

屋久島自然史研究会の板主様へ回答をいたしますが、果たして御満足いただけるかどうか、、、、、、 どうお考えかわかりませんが、いまや、屋久島の基幹産業は観光業であると私は認識しています。 年間30万人の来島者の内3割の人が、縄文杉に上るといわれています。 そこで急遽持ち上がったのが、「入山規制」をしないで、このまま現状を放置してい…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

「入山規制」の議案6月議会提出か?

屋久島町6月定例議会は6月14日開催予定である。 6月本会議の議案配布はまだ無いが、担当課の話では「その予定」ということであるから、出すのであろう。 3月本会議において「入山規制の条例議案」の議案提出についての質問に、町長は次のように答えている。 「臨時議会を開くか、少なくても6月議会には提出したい」と答えている。 政策公約をこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

観光協会理事と議会の意見交換会

4月19日 尾の間支所 議会委員会室で観光協会理事の皆さんと議会の意見交換会が行われた。 「観光協会から、過去二度にわたり、議会と意見交換会を提案していたが、実現の運びにならなかった、今回三度目にして実現した事を喜んでいます。」 観光協会会長の中島氏の挨拶でこの意見交換会は始まった。 交換会の議題は2つ 1、入山規制に関し…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

入山規制は是か非か?

屋久島が世界自然遺産に登録されて早16年が経過した。 年を重ねるごとに、観光客は増加して、今では年間30万~40万人の来島者があり、観光業は、島の基幹産業となっている。 5月のゴールデンウイークや、夏休みが始まる7月、8月には、縄文杉登山者は、一日に800人~1000人を超えることもしばしばである。 そこで持ち上がってきたのが、自…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

屋久島に関するT,Vを見て、、

7月1日午後8時から放送のMBCテレビ[縄文杉よ、何を思う、世界自然遺産15年目の屋久島」を見て、行政の無策振りを改めて確認した思いである。 貴重な屋久島の自然を守るために、毎年のように増え続ける登山者に対する山岳トイレの不備について、ガイド協会のメンバーや、行政との話し合いの場や、昨年12月にあった、シンポジュウムなどが映し出された…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more