ある運動員の述懐

今、屋久島町は9月20日投票の議会議員選挙に向けて、各立候補者は懸命の運動を展開している。
定数20名に対して、32名が名乗りを上げて激戦である。
合併後初めての議員選挙で、各陣営とも300票が当落の目安と見ているようである。

ある5期目を目指す候補者を応援する運動員の人との会話である。
「どうですか、大分活動されて当確が出たのではありませんか?」
「いや~とんでもない、300には程遠く、今回は落選するんではないかと気をもんでいます。それと言うのも、ただ4期16年の実績はあっても、議員として何をなしたか、またこれから何を為すために議員になろうとするのか、全く見えてこない。  そのため、親戚票で230ぐらいは読めても、足りない分を無党派層を取り込もうにも、先のような事情でなかなか説得することが難しい。これから1月が勝負です、落選させないように頑張ります。」

なんとも心強い運動員である。
身内の議員候補者に対する的確な批判の目を持っている運動員がいる以上、この候補者が落選することは無いだろう。

他の俗にベテラン議員といわれる多選議員も多かれ少なかれ似たようなものである。
長い疲弊した自民党政権が国民に飽きられ、民主党にその座を奪われるであろうことは、明白であるが、それと同じように、ベテラン議員といわれる多選議員が、地方議会不要論を生み出す元凶であろう。
今回の屋久島町議会議員選挙は新人候補の台頭で新陳代謝を激しくして、様代わりをして欲しいものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

なまけもの
2009年08月07日 14:05
皆さん何の目的で議員になるのだろうか。
50日座って、350万円もらえるからかな。
技能も知識も、労働も要らないこんな良い商売はない。
住民から議員を見ると怠け者と見えるから、これ不思議。
議員だけが住民から選ばれたと思っているから、また不思議。

高橋真梨子 青色吐息

させて させて
青色吐息
あなたに 選ばれ
怠けた議員になる

せからしかにそまる
屋久島の文化
選ばれるたびに 
頭は空になる
20人が議会に入るけれど
誰も議案を見たことがない
さびしいものは首長の言葉
異国のひびきに似て
不思議
札束札束 青色吐息
ナマケモノといわれる時は永く

ヨカニセ
2009年08月07日 20:15
なまけものさんコメントありがとうございます。
選ばれた議員が夫々、今までのようでは駄目なことを自覚しなければならない時期に来てると思います。さて新旧どれだけの人数が入れ替わるか?楽しみです。

この記事へのトラックバック