米機訓練馬毛島移転は是か非か?

10日の全員協議会は、予定されていた危険箇所現地調査の午後の予定分を、後日にまわして「馬毛島への米機移転」問題で約3時間にわたり紛糾した。

14日開催の本会議初日の冒頭で、「馬毛島移転反対決議」を議員発議で提出し、全会一致で採択すべく、議会運営委員会で決定したので、了承いただきたい。

これには、大多数の議員が反発した。
「防衛省の説明も聞くべき、それからでも遅くない」  「タッチ、アンド ゴウの騒音がどんなものか経験した人がいるのか?」 「もっと状況を観察すべき時期尚早である」 「議会の決議が民意を100%反映しているとは限らない、民意も聞くべき」  などであった。

これには議長はハタと困った。
それもそのはずである。 既に町長と行動をともにして、県、防衛省と反対の陳情に参加している。
「あなた方は21年12月議会では反対決議をしているんです。決議しないのはおかしい」
「2年前の決議はそれなりの結果を出したのではないか? 社会情勢も変わっているし、そもそも反対陳情の後の事後承諾で議決を促すのは、順序が逆である」 と 私
議長は頭が良いから負けてはい無い。
「この3月議会で、(馬毛島問題対策協議会負担金)を可決したではないか」 
負担金を採択したのは、反対を容認して賛成したはずであるとの言い分である。
それは飛躍した考え方だと私は思っている。 「馬毛島基地化反対運動協議会負担金」と唱って無い以上当てはまらない。 隣町としての思いやり予算である。
採択賛成議員の中には、(反対議員)の名前を公表すべきであると声高に主張するものがあった。
公表しなくても私は、自分から名乗っています。
馬毛島が仮に訓練基地になっても、そのことで自然遺産の島が守れないこともないし、西之表市の尻馬に乗ったらいけません。私は訓練基地には賛成して行こうと思っている。

私の予想では、半数に近い議員が採択反対であったように思っている。
賛成議員のメンバーは「14日の採択まで賛成議員を増やそう」と連携を図っていた。

さー皆さん14日の冒頭でなく、追加議案として最後に出る予定です。
審議模様を見に来てください。

この記事へのコメント

小川靖則
2011年06月11日 21:37
反対か賛成かの理由が明確でない。
米軍なのが反対なのか、自衛隊だったら賛成か さだかでない。
どうせ政府が決めたら実施される。
地域担当外の屋久島町が
助成金を貰うにはどうしたらいいか
頭を使うべきである。
頻繁に獲れなくてもいいから漁船を馬島周辺に出す。
観光船を繰り出す。
ダイビングスポットにダイバーを潜らす。
議長は反対で町長選挙に臨むようですね。
小川 靖則
2011年06月11日 21:46
議会運営委員会 委員の 眞邉 万里 下野 次雄 日高 豊 満園 明 岩川 修司 岩川 俊広 日高 好作のこの方たちは「馬毛島移転反対決議」の議員発議を行い「馬毛島移転反対決議」賛成したと解釈してよいのでしょうか。
2011年06月12日 06:27
小川さんコメント有難うございます。
その通りです。
縄文杉
2011年07月26日 13:37
あとの方たちは反対ということですか、どの議員さん達なんでしょう。この方たちは説明を聞いてから判断をすると言うことでしょうか。どちらにしても、代表が決めるから意味はない。手を買え品を返して、屋久島は反対ということで町長さんしだいになるんでしょう。
この時点では決まったことですが、詳細を、小川さん
新聞紙
2011年07月28日 20:43
此処にはほとんどの方はこられないでしょう。分かりきっているから。

この記事へのトラックバック