テーマ:議員の資質

もう終わってます

屋久島町3月定例議会の最終日であり、副町長の旅費の着服に関する、百条委員会設置の発議があると言う事で、格段の興味をもって傍聴に行ってきました。 結論から言えば、この町は ”もう終わっています” が率直な感想であった。 2,3審議の経過と、賛否の結果を議員名を公表し説明していきます。 1、同意第1号  屋久島町監査委員の選任につ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

予測的中

そうなるのでは無いかとの予測が的中した感じである。 現副町長が「この3月を持って退任します」の挨拶をしていると言う。 確かにこの3月が任期ではあるが、継続か、交代か、はわからなかったが、私は前の記事でも触れたように、今回の選挙で、荒木選対の事務局長を努めた人物であることを予測している。 このまま荒木町政が継続されるようであれば、間…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

これで良いのか議会?

23日の3月本会議最終日はいつもは閑散としている傍聴席が多くの人でにぎわった。 新庁舎建設の予算案がどのような決着を見るか、そのことに感心があっての事とは容易に理解できた。 建設事業費は20億円を超えないということは多くの住民が認識していることでも有り、町長は議会でもそのように発言をし、議員もそのように理解しているはずである。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

議員選挙から

私の拙い記事を日頃読んでいただいている方々から「更新しないの?」とよく言われて居ましたが久しぶりの更新です。 自分の選挙のことも有り更新できず今日になってしまいました。今後勤めて記事を書くようにいたしますので今までのようにお読みください。 今回の議会議員の選挙戦の中から、わが耳を疑うような話を友人から聞いた。 ある候補の応…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陳情案件は不採択でした。

宮之浦在住の、永野昭二氏の「町有地売却に関する調査を求めるお願い」の陳情は、総務常任委員会で審議の結果、不採択となりました。 先ず永野氏の陳情文を要約してお知らせいたします。  町有地売却問題については、これまで議会などで解明の努力が為されているが、今日まで納得のいく説明は為されていない。もういい加減、疑心暗鬼になっている不幸な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

的の外れた非難

日高順一議員が受けた、的外れの非難を紹介します。  ある元議員で今回の町議会議員選挙で返り咲きを狙う立候補者の話である。 現在公判中の[崖地」問題について、 [君達が起こしている裁判は、悪意に満ちている」と本人との会話の中で言ったと言う。 悪意で公判が起こせるなら、裁判所は過密状態で仕事にならない。 常識の欠片さえ感じない…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

6月議会 一般質問を傍聴して(その2)

18日  日高順一議員の一般質問について述べてみたいと思います。   クリーンサポートセンターの管理運営について 「この3月末日を持って完全引取りの契約がなされたが、契約の内容には不備が目立ち、お粗末な内容であるが、「法令審査会」の審査を受けて契約をかわしたか?」 町長 「審査は受けていない」 議員  「行政として、違法と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方議会議員の年金支払い資金枯渇か?

地方議会議員への年金支払いの資金がもう既に底をついてるという。 三期12年勤めるとその資格を得る。 平成の大合併で、全国3300あった自冶体が、現在1800で、議員数は約6割に激減している。 国民年金と同じく支える人数が少なくなっているのだから、制度の存続は困難になっている。   2007年4月に年金支給率の見直しがあり、大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継続審査という名の隠れ蓑

屋久島町の9月定例議会が終わった。 先の3月議会に陳情していた「個別外部監査契約に基ずく監査条例」の設置は、事実上の棚上げになったようである。 親しくしている議員に聞くと、「次の議会(6月)で審査しなければ廃案だよ!」と教えてもらった。 4年間議員経験がありながら、自分の知識不足を恥じている。 純粋に継続という言葉を信じた私が馬…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more